infoNia CURLサービス
− すべての人にドメインネームを −
いま契約中のプロバイダーのWWWサーバーのままで、
URLだけを変えてみる。
それも御社独自のドメイン名を使って。


CURLサービスとは

 CURLは、いまある御社のホームページのURLにもう1つの別名を付けるサービスです。もう1つの別名とは例えば、御社名.co.jpのような御社独自のドメイン名を含んだもの。プロバイダーのドメイン名が入ったURLよりも覚えやすい上に、広報資料や名刺等にも書きやすい形です。日本のインターネットの一員として登録されたドメイン名である証にもなります。

例えば、

http://www.fukoku.co.jp/と入力されると、
http://www.mie-internet.com/~fukoku/

を指し示すサービスです。

情報発信はいままでのプロバイダーのWWWサーバーをご利用いただきます。

言ってみれば番号案内のようなもの。

URLの別名をつけるだけのサービスですが、自社サーバーを構えたり、
レンタルサーバーを契約するのと同じ効果が得られます。
もちろんいままでのURLもそのままご利用いただけます。


Indexへ戻る




 

レンタルサーバーとの違い

 御社名.co.jpや御社名.comドメイン名を提供できるレンタルサーバーは、多くのプロバイダーから提供されています。「バーチャルホスト」「ホスティング」「バーチャルサーバー」のような名前のサービスがそれです。これらのサービスはドメイン名の取得が可能で、ホームページを置くディスクスペース、さらにサーバーを管理するメインテナンスまで含んでいて、自社でWWWサーバーを設置するより安価に情報発信できます。しかし、いくら安価と言っても年間50万円以上は必要になります。費用対効果を考えない企業はありませんから、多くのケースの場合は独自ドメイン名の取得を見合わせているのでは無いでしょうか。CURLサービスはレンタルサーバーと方式が違い、いま契約中のプロバイダーに置いてある御社のホームページはそのままで引越しは不要です。そのため従来のURLはそのまま使える事になります。

Indexへ戻る
ドメイン名の取得

 JPドメイン名は、日本ネットワークインフォメーションセンターが管理しています。御社独自のドメイン名は、全世界で一意性を保っています。そのため、例えば、名古屋通商という会社がnagoya.co.jpを取得したら、名古屋産業も名古屋運輸も、nagoya.co.jpは取得できません。つまり早いもの勝ちということになります。
希望するドメイン名が取得できるかどうかは、
ドメイン検索システムで簡単に検索できます。

Indexへ戻る
もっとコストパフォーマンスのよいシステムへ

 いまご契約のプロバイダーで快適に情報発信できていて、はじめてCURLの意味があります。月額利用料固定制の快適なプロバイダーとCURLを組み合わせるのが現時点では、コストバランスの良い情報発信システムだと言えます。

Indexへ戻る
将来的なステップアップにも対応

 インターネットは専用線接続でいろいろなメリットが生じます。しかし現時点で専用線接続のために必要なコストは莫大です。しかし将来的には専用線への移行をお考えの企業は多いはずです。その時にCURLサービスで取得しておいたドメイン名はさらに有効に活用できますし、弊社の専用線接続サービスをご利用いただく場合には、さらに割引特典があります。(後述)

Indexへ戻る
電子メールの転送

 CURLサービスには、電子メールのドメイン名変換や宛先変換も設定できます。やはり名刺には御社名のメールアドレスが刻まれていたほうが覚えやすいものです。

Indexへ戻る

CURLの機能

URLの変換機能
 www.御社名.co.jpできた問い合わせに、自動的にご契約プロバイダーのwebページを見にいくようにするサービスです。
アクセス統計
 弊社のCURLサービス経由でどれだけのアクセスが御社のホームページにあったかを、統計処理をしてお知らせするサービスです。
電子メールの転送
 ユーザ名@御社名.co.jp当てに来たメールを、現在ご契約のプロバイダーなどの任意の電子メールアドレスに転送するサービスです。
Indexへ戻る
CURLサービス料金
登録費用 20,000円(税別)
ドメイン名申請料 15,000円(税別)(*1)
月額基本料

8,000円(税別)


(別途消費税が必要です)
(*1)ドメイン名をすでに取得されている場合は必要ありません。

基本料金は年間一括払いの制度もございます
最低契約期間は 6ヶ月です。

Indexへ戻る
オプション料金
電子メール転送サービス
(2宛先まで無料)(*2)
メールアドレス変換方式の場合
追加1宛先ごとに
登録料1,000円(税別)、月額300円(税別)
ドメイン名変換方式の場合
宛先数に関係なく月額7,000円(税別)
アクセス統計サービス 無料


(別途消費税が必要です)
(*2)内1つはpostmaster宛てのものを予約しています。

電子メール転送サービスの種類について

1. メールアドレス変換方式
 この方式は、IDとドメイン名で構成されるメールアドレスの全部を変換します。 一転送毎に設定しますので、それぞれ別の サイトへ転送する事も可能です。 例えば以下のように変換されます。通常はこの方式で転送します。

masahiro@mori-denki.co.jp → masa@mbox.inter-abcs.ne.jp
tanabe@mori-denki.co.jp → masa@po.tokyo-stn.ne.jp

2. ドメイン名変換方式
 この方式は、メールアドレスのドメイン名部分(@マークよりも後ろの部分) のみを変更するサービスです。例えば、masa_aka@mori-denki.co.jpというメールアドレスの mori-denki.co.jpをmbox.inter-abcs.ne.jpに変換しますから、masa_aka@mbox.inter-abcs.ne.jp となります。転送先のサイトでの整合性に注意してメールアドレスを設定すれば、 転送数に関係なく一定料金ですみます。この方式は、お客様がご契約されているcomドメインのサーバーがある場合、または、サブドメインがお客様にユニークな場合にお選びいただけます。一般のプロバイダーや商用BBSへの変換は予期しない問題が発生する恐れがありますので、お選びいただけません。

専用線接続移行時の2大特典

1. 弊社専用線接続サービスへ移行される場合の初期費用が40%offになります。
2. CURL契約月分、専用線接続月額利用料が20%offになります。

Indexへ戻る

多いご質問とその回答集

Q 将来のためにドメイン名だけは早く取得しておきたいが…。
A インターネットへ接続することを前提に、取得することができます。接続がされない場合には、取得から1年後にそのドメインは無効になりますので、ご注意下さい。
Q www.社名.comの方が安くていいと聞くが…。
A comドメインは主に米国のレンタルサーバで運用されているものです。安価で且つ高速なバックボーンと接続されているので、コストパフォーマンスに優れていますが、日本の多くのインターネットプロバイダーとの間でドメインネームの調整が難しくなります。日本のインターネットの一員として今後さらに発展する国内インターネットリソースを活用する場合には、どうしてもJPドメインは必須となってきます。また、comドメインサーバーには、トラフィックに制限があったり従量課金分が発生したりする場合が多いので注意が必要です。
Q comドメインのレンタルサーバーでホームページを揚げているが、CURLで別名をJPドメインとしても対応できるか。
A できます。CURLの対象となるURLはcomドメインでもjpドメインでも、その他どんなドメインでも構いません。
Q 逆にcomドメインを取得したのだが、それをCURLで対応できないか。
A できます。comドメインのDNS登録も承ります。
Q すでにドメイン名を取得してインターネットに接続しているが、 CURLとの併用は可能か。
A 例えばドメイン名を取得して、uucpによるメール交換が実現されている場合がこの例になると思います。その場合はご契約のプロバイダーで調整を必要としますので、まずは弊社までお問い合わせ下さい。
Q 独自ドメインをもっていてどれだけ効果があるのか。
A ホームページを見る頻度がどれほど向上するかというデータはある1社を対象にした調査結果があります。

従来の http://www.プロバイダー名.ne.jp/~社名のとき  15アクセス/日
それが http://www.社名.co.jp/のとき  49アクセス/日

 となりました。約3倍のヒット率です。結局イエローページや雑誌、新聞などで紹介されても長いURLの場合はいちいち手で入力することは面倒という方や、本屋で立ち読みした記憶で自宅に帰って入力しても正確に覚えきれず、結局わからずじまいでアクセスできないなどが敗因となっています。
 また、URLなど事前に知らなくても想像で目的のURLを探し出すということをしばしば行うことと思います。そのときに御社名のドメインでないと探し出すことは困難になります。そもそも連想できる利点がドメイン名です。そうでなければ、長いURLを覚えず、IPアドレスを直接覚えていた方がましなくらいです。さらに独自ドメインによるアイデンティティの主張は、URLよりもメールアドレスに生かされています。やはりメールには御社独自のアドレスが映えます。

Q 自社名の独自ドメイン名はすでに他社によって取得されていたのでもう意味がないのでは?
A 他社によって取得されてしまったということは残念なことですが、それでも社名を連想できるようなドメイン名を別に考えてみてください。過去にもそのような例はたくさんあります。株式会社メルコはMELCO.CO.JPがすでに他社によって取得されていたので、MELCOINC.CO.JPを申請し、割り当てられました。希望のドメイン名が空いているかどうかは、ドメイン名検索システムで調べてみることができます。
Q 現在月額2000円の固定制のプロバイダーでホームページをあげているが、 URLだけを付与するのに8,000円というのは高くないか?
A 8,000円が高いかどうかは難しい問題です。インターネットのすべての機能はある意味では高価なものかもしれません。ただしCURLサービスの価格が同様の他社サービスと比較して安いことは間違いありません。ドメイン名の必要性を認識している方にとっては、考えられない低価格サービスだと思います。
Q 申し込んでからどれくらいでサービスを開始してもらえるのか?
A ドメイン申請が約10日間ほどかかり、その後設定作業を行いますので、開始まで約2週間ほどです。
Q co.jp 以外のドメイン名は使えないのか?
A 使えます。地域ドメインもOKです。 また友達同士のサークルのようなものでも任意団体として定款規約等を作成すれば、 ne.jp の取得も可能です。同窓会や研究会などがその例です。
Q 料金の支払いは銀行口座引き落とししかないのか?
A 基本的にクレジットカードか口座引き落としでのお支払いをお願いしています。 事情があって銀行振込のほうがよい方は、その旨ご連絡いただければそのようにお取り扱いいたします。 その場合、3ヶ月分を前払いでいただいております。
Q 見積書、納品書、請求書等は発行してくれるのか?
A 見積書は郵送いたしますが、納品書、請求書は電子メールで発行いたします。郵送での送付を希望される方は発行手数料別途206円を別途ご請求させていただきます。
Q 実際にこのサービスを利用している会社はあるのか?
A このサービスが実際どのような動作をするのかご覧いただくために、comドメインのレンタルサーバーを利用している会社をご紹介いたします。
http://www.fukoku.co.jp/と入力してみてください。
http://www.mie-internet.com/~fukoku/ を参照します。
Q どこか他のプロバイダーと契約していないといけないのか。
A 基本的にはそのようにお願いしています。 ただし、弊社のレンタルディスクスペースもご利用いただけます(3MBまで無料、3MB毎に月額500円 最大300MBまで増設できます。)
Q 年間一括で利用料金を支払う場合の割引はどうなっているのか?
A 年間一括払いの場合は、基本料金のみ2ヶ月分の割引(10ヶ月分)となります。つまり80,000円(税別)になります。
Q IPアドレスの逆引き登録はしてくれますか?
A はい、DNSには逆引情報(PTR)も登録します
Q IPアドレスも割り当ててくれるなら、申請料は必要ないのですか?
A 現在は、1IPアドレス(/32)をサブアロケーションで割り当てています。この方法では1997年3月まで割り当てに費用は発生しません。1997年4月以降は弊社で割り当てを受けた中のIPアドレスを割り当てますので、お客様には個別に割り当てに関して料金をいただくことはありません。
Q CURLって何て読むのですか?
A これは実際にはなかった質問ですが、「カール」と読みます。Canonical URL の意です。
Indexへ戻る

日本インターネットアクセス株式会社
Nippon Internet Access Inc.
Phone:052-731-7101 / Fax:052-731-7104